教育学者として有名な齋藤孝さんのアウトプットの真髄とは?

教育学者として有名な齋藤孝さんのアウトプットの真髄とは?

今回は研究者としての分野は多岐にわたりますが、
教育学者としても知名度の高い斎藤孝さんの記事を参考に。



アウトプットの真髄とは何か?
というのをまとめてみました!!

アウトプットが下手だとどうなる?

思いのほか、
今の時代はインプット重視。



学校のテストもすぐに
インプットを評価するようにできています。



しかし、
インプットできても
ちゃんとアウトプットできなければ意味がないし。



もしも、インプットせずにアウトプットができるなら
それに越したことはないはず。



このように、
アウトプットというゴールが定かでないと
インプットすらできないという最悪の結果になりがち
なのではないかと思う。

アウトプットで重要なこと

アウトプットを大事にする。

そのなかでも、
斎藤さんが大事にしたほうが良いと
考えているものがいくつかあるので。

紹介したいと思います。

  1. ひたすらアウトプットをする。
  2. だらだらとインプットをしない。
  3. 緊張感を持ったインプットを行う。

ということで。


なにかと耳の痛い話ではありますが。



インプットしたいなら、
緊張感を持ってインプットし
何も考えずアウトプットしまくれ。


といったかんじかと思います。

インプットは身にならないのはなぜ?

インプットを意識しすぎると、
その場しのぎになりがちになるのではないか?
という風に思います。



テスト期間前を思い出してほしいのですが、
一夜漬けや頭に入れるための先生の話は
もはや貴方の頭には残ってないはず。



それよりも、
授業中に顕微鏡で先生の毛髪を見たら
すごく汚かったとか。


実験でちょっとした爆発が起こった
という経験のほうがいい大人になっても
記憶として鮮明に残っているものです。


この例題からも分かるように。
インプットは「その場しのぎ」
アウトプットこそ、「自分の力になる」ことが
わかって頂けるのではないかと思います。

動画本編

記事感想カテゴリの最新記事