【東北MUP生が語る】先週のウサギライブについて

【東北MUP生が語る】先週のウサギライブについて
MUPカレッジ

すべてが役に立つわけではない。



やっぱり、
状況によって(学生とか・経営者とか)
感じ方や必要なものって変わってくると思います。



ということで、
今回は平凡代表として
MUPのウサギライブを平凡にとらえたものを
記事にしてみます!!

今回のウサギライブはどう
だったのか?

内容としては
以前に似たようなものがあり。



今回のものはそれに毛が生えたようなものに
感じた。



しかし、
その中でも自分個人として
役立つと感じたものがあったので
それをご紹介したいと思う。


役に立ったところとは?

不の細分化は役立つ

表面のみをすくわないこと。
その大切さを知った。



結局、アンケートを取っても、
実際にお客さんがそれを求めているとは
限らないということ。



「満員電車嫌い」ではなく、
「非生産時間が嫌」という潜在的欲求を
掘り出せるかは。



不を細分化できるかに
かかっている。

質疑応答にヒントをもらった

「サッカースクールの集客をするのは
どうすればいいか?」

という質問があった。



そこで提案されたのが
「託児所×サッカースクール」といったもので。



無償か割安でカリキュラムを提供するというものだった。



そこで思ったのは
「需要のある場所に組み込む」ことが大事だということ。



ずいぶん前に、
ホリエモンチャンネルで
「図書館に職業PRの漫画」を置いて
子供たちの認知度を高めている。



といったものと同じだなと
思いました。


今回の学び

まあ、
カリキュラムとしてではなく。



人の発想や意見を聞くことは
楽しいなと思いました。



そこから、
発想やアイディアが広がる感覚も
また気持ちよくて。

快感を感じる「ウサギライブ」でした。

今回の動画

ウサギライブカテゴリの最新記事